パパラギ東京店 BLOG

今年も毎年1月恒例の「熱海沈船&洞窟ツアー」に行ってきました!

何度見ても大きい!国内最大級の沈船の異名はだてではありません。

かれこれ沈没してから三十余年。

世の沈船の中でも匠の域です。なんといっても海との馴染み方が匠の経験と技を感じませます。

まだ微かに人工物の面影が見て取れますが、甲板はもうすっかり色とりどりの海中生物のもの。

うーん、海に埋もれていく「時間」が見えます。

さてさて、沈船のロマンはたしかに物凄いんですが、二本目の洞窟のことを忘れてもらっては困ります!

今年の小曽我洞窟は、入り口の警備が非常に厳重!

キンメモドキが文字通り壁のように入り口を塞いでいました。

危うく壁と思って入り口を素通りするところでした。恐るべしキンメモドキの集団忍術。

かき分けるように洞窟に入っていくのもおもしろい!

 

今年は「熱海沈船&洞窟ツアー」の当たり年ですね!

いや~、また行きたいですね~。

 

・・・なんということでしょう!

2/2(土)-3(日)にも「熱海沈船&洞窟ツアー」があるではありませんか。

しかも担当は薮崎。

 

ぜひ、匠の技を体感しにいらしてください。